精神病理の水準

病理水準とは、人格の病理性の程度をさす。具体的には、神経症→境界性人格障害→精神病の順で重くなる。

神経症水準

神経症水準とは、心因によって生じる可逆的な障害のある状態。機能的な障害であり、気質的な障害ではない。病式はあり、人格も保たれている。特有のパーソナリティと関係している。

境界水準

境界水準境界性人格障害ボーダーライン)とは、神経症と精神病の境界線上に位置づけられた状態をさす。症状としては、孤独感から身近な他者に対して過度の理想化と過小評価を繰り返すなどの両極端の感情を向ける激しい対人関係、怒りと抑うつを行き来する極端な気分の変動、衝動性の自己破壊的行為、自殺企図などが見られる。

精神病水準

精神病水準とは、現実と非現実の区別がつかない現実検討能力に障害のある状態。気質的な要因によっても起こる。

PR:学生でもクレジットカードを作成できる?
学生カード

Copyright© 教員採用試験~教採~.info All Rights Reserved.