効果的な学習の方法

(1)分散学習と集中学習

⇒一般的には分散学習の方がより効果があがるとされており、また学習者の年齢が低いほど、能力が低いほど分散学習の方が有利である。

(2)分習法と全習法

⇒学習者の年齢が若いほど、能力が低いほど、学習量が多く困難なものほど、分習法の方が効果的、しかし、分習法は、学習内容全体の見通しに欠けるため、学習後、再び全体をまとめなおす必要がある。

(3)過剰学習(ドリル学習)

過剰学習とは、学習基準に到達して学習が一応成立した後、さらに継続して訓練を行う手続きのことをいう。一般に学習到達に要した試行数の50%の過剰学習が最も効率が良いといわれる。

PR:学生でもクレジットカードを作成できる?
学生カード

Copyright© 教員採用試験~教採~.info All Rights Reserved.