認知説

直接観察できる行動だけでなく、行動の変容をもたらす心的変化を想定する。

ケーラー:洞察説

ケーラーは、問題解決学習の成立が、場面の刺激布置や認知構造が変化すること、すなわち場面の構造を洞察することによると説明した(洞察説)。反復訓練はなくとも、見通し(洞察)を得ることが出来れば課題は解決できると考える。

チンパンジーを用いた実験
チンパンジーを檻の中に入れ、檻の外の手がとどかない所にバナナを置く。はじめ、手を伸ばしてとろうとするが、取れない。しかし、突然チンパンジーは、檻 の中にあった棒を使ってバナナを引き寄せる。これは、チンパンジーの中で、棒を、バナナを引き寄せる道具として見なすという認知の変化が起こったからだと 考えられる。

トールマン(Tolman, E.C.):サイン・ゲシュタルト説

トールマン(Tolman, E.C.)は、ゲシュタルト学派の影響を受け、学習は刺激と反応との結合ではなく、認知の成立、すなわち、いかなる信号がいかなる意味を持つかを認知することであると説いた(サイン・ゲシュタルト説(S-S説))。

ネズミを用いた実験
迷路のゴールにエサを入れる。目標まで直線的に行く道が閉ざされていても、別の迂回路を使って目標に到達することが出来た。

潜在学習
ネズミの迷路の実験で、報酬(エサ)がなくても迷路の構造を潜在的に学習していたことから、報酬のような刺激は学習成立に必要な条件ではなく、動機付けに関係する条件だとした。このとき、潜在的に学習され、主体に内在化された迷路の構造を認知地図と呼ぶ。

PR:学生でもクレジットカードを作成できる?
学生カード

Copyright© 教員採用試験~教採~.info All Rights Reserved.