動機付けの基礎

連合説における学習のメカニズムとして、大きく分けて以下の2つがある。

  1. レスポンデント(古典的)条件付け
    パブロフ(Pavlov, I.P.)による条件反射に関する研究にさかのぼる
  2. オペラント(道具的)条件付け
    ソーンダイクによる試行錯誤学習に関する研究にさかのぼる

(1)レスポンデント(古典的)条件付け

パブロフ:条件反射(イヌの唾液分泌の実験)

パブロフは、イヌの唾液分泌の実験を行い、条件反射を発見した。

イヌの唾液分泌の実験
イヌにエサを与えるときにメトロノームを聞かせ(イヌはエサを食べるときに唾液を出す)、これを何度も繰り返す(このプロセスを条件付けという)。するとイヌはメトロノームの音を聞いただけで唾液を出すようになる。

ワトソン:情動条件付け、恐怖条件付け

ワトソン(Watson, J.B.)は、パブロフの条件反射という生理的事実を理論的根拠として連合説を唱えた(情動条件付け、恐怖条件付け)。

→恐怖条件付け

  1. 条件付け前は、子どもは白ネズミに積極的に行動する。
  2. 子どもが白ネズミを見ているときに子どもが嫌がる大きな音を鳴らす(条件付け)。
  3. 条件付け後は、子どもは白ネズミを見ただけで逃げ出す(恐怖反応)。
  4. 恐怖反応は、白ネズミだけでなく、白く毛のあるもの(ウサギなど)に広く一般化する(ウサギを見ただけで逃げ出す)。

(2)オペラント条件付け

オペラント反応

明白な誘発刺激がない状態で自発的に行われ、適切な強化が随伴することにより、その出現頻度が高まるような反応(⇔レスポンデント反応:誘発刺激によって引き出される反応)。

ソーンダイク:試行錯誤説

ソーンダイク(Thorndike, E.L.)は、問題箱の実験(ネコを用いた実験)を行い、試行錯誤説(オペラント条件付けのもととなった研究)を唱えた。そして、試行錯誤が学習の基本形であるとして効果の法則によるS-R理論を提唱した。

問題箱の実験
問題箱に入れられたネコは、始めはいろいろな行動をデタラメに試みるが、成功的な脱出経験を繰り返すうちに、無駄な反応が取り除かれ成功的な反応だけが生じるようになる。

スキナー:オペラント条件付け

スキナー(Skinner, B.F.)は、ネズミ・イヌ・ハトを用いてスキナー箱を使い、オペラント条件付けを提唱し、プログラム学習(学習指導法の一種)の基礎を築いた。

スキナー箱を用いた実験
スキナー箱に入れられた空腹なネズミは、最初はさまざまな探索行動をとるが、そのうち偶然バーに身体が触れてエサにありつくことが出来る。これが繰り返されると、ネズミはバーを推すとえさが出ることを学習する。

<スキナーの理論で用いられる用語>
強化子:無条件刺激(エサ)は条件反射の後に続いて、反応を強化する働きがあるため、強化刺激または強化子(因)と呼ばれる。

PR:学生でもクレジットカードを作成できる?
学生カード

Copyright© 教員採用試験~教採~.info All Rights Reserved.