コールバーグによる道徳性の発達理論

ピアジェの道徳的判断(他律→自律)に関する研究に基づいて、道徳性の認知発達理論を提唱した。日常の生活における道徳の実践はふつう慣習的なものであるが、慣習に違反せざるを得ないような体験を通じて人は道徳と慣習の違いについて考え始める。このとき人ははじめて道徳について考え始めたことになる。
3水準の6段階

道徳性の発達段階

水準

段階

概要

前慣習的水準

1.罰と服従への指向 苦痛と罰を避けるために、大人の力に譲歩し、規則に従う。
2.道具主義的な相対主義 報酬を手に入れ、愛情の返報を受ける仕方で行動することによって、自己の欲求の満足を求める。

慣習的水準

3.対人的同調、「良い子」指向 他者を喜ばせ、他者を助けるために「良く」振る舞い、それによって承認を受ける。
4.「法と秩序」指向 権威(おや・教師・神)を尊重し、社会的秩序をそれ自身のために維持することにより、自己の義務を果たすことを求める。

後慣習的水準

5.社会契約的な法律指向 他者の権利について考える。共同体の一般的福祉、および法と多数者の意志により作られた標準に従う義務を考える。公平な観察者により尊重される仕方で行為する。
6.普遍的な倫理的原理の指向 実際の法や社会の規則を考えるだけでなく、正義について自ら選んだ標準、人間の尊厳性への尊重を考える。自己の良心から非難を受けないような仕方で行為する。

PR:学生でもクレジットカードを作成できる?
学生カード

Copyright© 教員採用試験~教採~.info All Rights Reserved.