ヴィゴツキーの発達理論

ヴィゴツキーは、自分よりも進んだ大人や年長の子どもとかかわり、その仲で行われた過程が個人の中に取り込まれること(=内化)を通して発達は進むと考えた。

発達の最近接領域

子どもの「独力での問題解決で可能な現在の発達水準」と、より高次の「大人の指導下、もしくはより能力の高い仲間と共同で行う問題解決によって可能となる潜在的な発達水準」との間隔。
→教育において働きかけが行われるべき領域

PR:学生でもクレジットカードを作成できる?
学生カード

Copyright© 教員採用試験~教採~.info All Rights Reserved.