山形県の教員採用試験の出題傾向

一般教養の比率が高まる

教職教養

法規名と条文の穴埋め問題

条文から法規名を問う問題と,条文の空欄補充問題が毎年出題されている。どちらにも対応できるように,重要法規は意識して覚えよう。

ローカル問題に注意

2012,2013年度とローカル問題の出題が見られる。「山形県教育振興計画」など,県の施策をチェックしておこう。

一般教養

国・英の出題が顕著

国語・英語ともに,長文読解問題が毎年出題されている。英語は会話文とセットで出題されることが多いので,時間配分には注意したい。

理・社は幅広い分野から出題

教科書レベルの問題だが,出題範囲は広い。理科に関しては2013年度は地学・化学分野から,2012年度は生物・物理分野からの出題だ
った。

2012年度の出題傾向はこちら

教育基本法,教育公務員特例法は頻出

教職教養

教育時事,教育法規,学習指導要領,教育史から出題される。

教育時事では文科省の「小学校・中学校・高等学校 キヤリア教育推進の手引」「生徒指導要領」から,他に教育に関するNIEなどの略語の説明について出題されて。教育法規は日本国憲法,教育基本法,学校教育法,教育職員免許法,教育公務員特例法から出題されており、毎年,全国的に頻出の条文からの出題が多い。出題形式もオーソドックスな条文の空欄補充の問題と条文名を解答させる形式である。

学習指導要領は小学校学習指導要領の総則の一部から出題された。

教育史は近世から現代にかけての西洋教育史の人物について。ローカル問題は、「第5次山形県教育振興計画後期プラン」からも出題されている。

全体的に基本的な内容が中心ではあるが,記述式問題が含まれているため,注意が必要だ。

山形県の教職教養は,○年連続で出題されている分野が少ないため,狙いを絞りにくい(出題が続いていた特別支援教育も昨年は出題がなかった)。しかし,細かいところを問われるわけではないので,全国的に頻出の部分をおさえておけば対応可能だろう。

一般教養

主要5教科を中心とした問題である。

国語は例年どおり長文読解(茂木健一郎『あるとき脳は羽ばたく』)と古文,英語は長文読解と対話文が出題された。社会は地理と公民の融合問題,数学は計算式,関数とそして毎年出題されている図形問題が2問,理科は物理と生物からそれぞれ大問で1問ずつ出題された。,出題形式は毎年大きく変わらないので,過去問演習で出題傾向に慣れておきたい。

一般教養としては難易度が高く,記述式が多いので,苦手な分野を中心に早めの対策を立てておきたい。

論作文

テーマが日時によって異なるのは,例年どおり。テーマも似たような内容が続いており,対策は立てやすい。過去問をチェックしておこう。

とっておき受験者情報

  • 集団討論の時間が比較的長めに取られていたので,議論が中だるみし易いように思えた。議論のメリハリを付けるためのスキルも必要だと思う。
  • 自己PR が15 秒しかないので,一瞬で面接官の目を引く何かを用意しておくべきだと強く感じた。

「山形県」の教員採用試験に関連するページ

山形県:教員採用試験の倍率

山形県:教員採用試験の情報

PR:学生でもクレジットカードを作成できる?
学生カード

Copyright© 教員採用試験~教採~.info All Rights Reserved.