宮崎県の教員採用試験の出題傾向

受験校種の学習指導要領の対策は不可欠

教職教養

一般教養は出題されない

宮崎県では一般教養からの出題はない。また,問題は全校種共通問題と校種別問題とで構成されている。

問題形式は選択・記述式

空欄補充で語句を書かせる問題がある。毎年,第1問目に法規(2012年度までは法規と心理)の空欄補充の記述式問題が10問前後出題されている。

学習指導要領は必ず出る

グラフのとおり,学習指導要領の問題数が突出している(養護教諭は除く)。出題範囲は,教科の章を除いて,総則を中心に,道徳(高校は除く),外国語活動(小学校のみ),総合的な学習の時間,特別活動とまんべんなく出題される。

校種別問題は学習指導要領

例年,校種別問題は受験校種の学習指導要領から出題される。ただし,養護教諭のみ,学習指導要領を使用した問題ではない。疾患に関する知識を問う問題などが出題された。

法規は的を絞って

空欄補充で出題される法規は,ここ3年の傾向では,日本国憲法,教育基本法,学校教育法,同施行規則,学校保健安全法,学校給食法,地方公務員法,教育公務員特例法などから出題されている。

ローカル問題は必出

宮崎県の教育施策からの出題は必出となっている。2013年度は「第二次宮崎県教育振興基本計画」から,2012年度は「未来みやざき創造プラン」,2011年度は「第2期明日の宮崎を担う子どもたちを育む戦略プロジェクト」「教職員人材育成プラン」からの出題だった。

2012年度の出題傾向はこちら

学習指導要領からの出題が多い

教職教養

校種によって問題が異なる。全校種共通の共通問題は,教育法規が「日本国憲法」「教育基本法」「学校教育法」「学校教育法施行規則」「教育公務員特例法」「学校保健安全法」の各条文の空欄補充形式の問題が出題された。空欄補充の問題として頻出度が高いものが多かったが,「教科書の発行に関する臨時措置法」というほとんど出題されない法規も見られた。

教育心理は人物や事項を選ぶ問題,生徒指導では「生徒指導提要」の空欄補充問題,教育時事では平成22年3月に改訂された「食に関する指導の手引」の空欄補充問題,ローカル問題は,県内での「『弁当の日』を実践する取組」や平成23年3月に策定された宮崎県総合計画「未来みやざき創造プラン」(長期ビジョン)からであった。全体的に記述式問題が多く,幅広く学習しておかないと対応できない。またローカル問題は頻出なので,教育委員会のホームページや関連資料などには必ず目を通しておきたい。

校種別の問題では,小・中学校及び特別支援学校はすべて学習指導要領からの問題で,総則や,道徳,特別活動,外国語活動(小学校のみ),総合的な学習の時間の目標や内容についての空欄補充問題であった。高等学校では学習指導要領以外に,キャリア教育に関連した問題も出題された。学習指導要領についての出題は,本文あるいは解説からの引用が多く,志望校種の学習指導要領は全文暗記しておくぐらいが望ましい。養護教諭は学習指導要領,学校保健安全法,予防接種法,食中毒の種類について問われた。

全体的に,教育法規や学習指導要領からの出題は内容の正誤などを問う問題は少なく,空欄補充問題が中心なので対策は立てやすい。教育時事と併せて,この3つの教科を中心に学習を進めたい。

一般教養

宮崎県では、一般教養試験は行われていない。

論作文

宮崎県では、論作文試験は行われていない。

とっておき受験者情報

  • 1 次試験の問題数が多くて大変だった。解答のスピードはもちろんだが,効率よく解くことも大事。
  • 場面指導のシチュエーションはかなり細やかに指定される。どんな問題がきても対応できるように,正しい対応を数多く蓄積しておきたい。
  • 2 次試験はスケジュールがハード。体力も必要。

「宮崎県」の教員採用試験に関連するページ

宮崎県:教員採用試験の倍率

宮崎県:教員採用試験の情報

PR:学生でもクレジットカードを作成できる?
学生カード

Copyright© 教員採用試験~教採~.info All Rights Reserved.