大分県の教員採用試験の出題傾向

例年通り,教職教養の比率が高い

教職教養

広い範囲から出題される

全国的に見ても,教職教養におかれている比重は高い。出題範囲も定番の教育法規,学習指導要領に加え,教育心理,ローカル問題までまんべんなく出題されている。

重要法規や答申をしっかりチェック

日本国憲法,教育基本法,地方公務員法,生徒指導提要などから出題される。また人権教育についての出題頻度も高いので,「大分県人
権教育基本方針」などもチェックしておこう。

一般教養

情報問題は必ず出題

一般教養は主要5教科と情報問題からの出題。問題の難易度や出題傾向もここ数年変化はない。過去問などを参考に,しっかりと傾向を掴んでおきたい。

2012年度の出題傾向はこちら

教職教養の出題比率が高い

教職教養

大問9問で構成され,教育法規,学習指導要領,教育心理,教育時事から広範囲にわたって出題されている。

教育法規では「教育基本法」「学校教育法」「学校教育法施行規則」「教育公務員特例法」「教育公務員特例法」「地方公務員法」等の頻出条文から,空欄補充を中心とした問題が出題。教育心理では,心理学の全般的な知識を問う問題。なお大分県では人権教育が毎年のように出題されているため,人権教育に関連した法令や大分県から出されている人権教育に関する資料は必ず確認しておきたい。

学習指導要領は解説総則編から「改訂の経緯」,そして学習指導要領総則「指導計画の作成等にあたって配慮すべき事項」から空欄補充形式で出題された。教育時事は「小学校,中学校,高等学校及び特別支援学校等における児童生徒の学習評価及び指導要録の改善等について(通知)」「子どもの読書活動の推進に関する基本的な計画」「生徒指導提要」等の文科省関連の資料から出題された。

教職教養全般では,中教審答申,学習指導要領,文科省の資料からの出題が多いので,インターネット等で情報収集を行いたい。

一般教養

大問1問(小問10問)で構成され,出題範囲は広いが,教科書ベースの問題が中心である。

人文科学分野では,国語は語句の用法,英語は簡単な英文法,音楽は楽器の種類について,社会科学分野では,公民は国民福祉やGDP,地理は地形について,自然科学分野では,理科は地学や生物,情報では情報通信ネットワークなどについて問われている。過去にさかのぼると,時事関連の用語もよく問われているので,新聞等で取り上げられている用語等はしっかりと確認しておくこと。

内容的には基本的な問題が多く,高校の教科書を中心に学習を進めておけば十分対応できるであろう。

論作文

大分県では、論作文試験は実施されていない。

とっておき受験者情報

  • 3 次試験まであるので,長期間に渡ってモチベーションを高く保ち続けることも大事なこと。
  • とにかく“人物重視である”という感触が,試験官からすごく伝わってきた。事前の対策ももちろんだが,多くの経験を積んで,臨機応変に対応できるぐらいの余裕がほしいところ。

「大分県」の教員採用試験に関連するページ

大分県:教員採用試験の倍率

大分県:教員採用試験の情報

PR:学生でもクレジットカードを作成できる?
学生カード

Copyright© 教員採用試験~教採~.info All Rights Reserved.