福岡県・福岡市・北九州市の教員採用試験の出題傾向

的を絞った学習計画を

教職教養

人権問題に注目

人権に関する問題は毎年必ず2,3問は出題されている。なかでも「福岡県人権教育・啓発基本指針」の出題率が高い。

最新の教育時事からも出題

最新の教育時事からの出題も多い。文科省のHPなどをチェックしておこう。

一般教養

出題は主要5教科から

出題分野は主要5教科のみで,出題数もここ数年変化はない。いずれも難易度はそれほど高くはないので,教科書等で対策を。

2012年度の出題傾向はこちら

「福岡県人権教育・啓発基本指針」は必出

教職教養

共通問題と選択問題がある。共通問題は,すべて組み合わせを選ばせる問題形式である。

教育法規は「教育基本法」「学校教育法」「教育公務員特例法」「地方公務員法」「学校保健安全法」「発達障害者支援法」など,様々な条文から出題されており,正誤問題や空欄補充問題が中心である。教育時事では,中教審答申「今後の学校におけるキャリア教育・職業教育の在り方について」の空欄補充問題が出題された。

教育原理からは,教育方法,人権教育,環境教育,情報教育などから幅広く出題されている。教育方法では学習法や教育方法などの説明と名称の組み合わせ問題及びブルーナーの発見学習について,人権教育は「人権教育の指導方法等の在り方について[第三次とりまとめ]」から,環境教育は平成22年版『環境白書』から,情報教育は文科省の「教育の情報化ビジョン」や「個人情報の保護に関する法律」から出題された。文科省や環境省,法令など,いずれも条文や公文書からの出題が多い。教育心理はエリクソンが提唱した発達理論について出題された。

一般教養

主要5教科型。国語は日本文学の年代順の並べ替え,数学は数について,社会は現代の世界史と「日本国憲法」から,理科は生物の植物について,英語は会話文の問題がそれぞれ出題された。数学を除いて,すべて組み合わせによる問題形式である。なお,福岡市では,上記の問題に加え,一般教養の問題を別途出題しているので注意しておこう。

論作文

昨年は福岡県の目指す子ども像について,どのように取り組むか,答えさせる課題だった。教師としてどんな実践をするか,そしてどんな努力をするか答えさせる傾向が続いている。

とっておき受験者情報

  • 集団討論では,司会者の指定もなく,まとめも自分たちで行った。
  • 個人面接では実際の指導方法や福岡県の施策など,様々な内容について質問された。
  • 集団討論は受験者の人数が比較的多いので,自分の意見をしっかり言えるように下準備が重要だと感じた。

「福岡県」の教員採用試験に関連するページ

福岡県:教員採用試験の倍率

福岡市:教員採用試験の倍率

北九州市:教員採用試験の倍率

福岡県:教員採用試験の情報

福岡市:教員採用試験の情報

北九州市:教員採用試験の情報

PR:学生でもクレジットカードを作成できる?
学生カード

Copyright© 教員採用試験~教採~.info All Rights Reserved.