香川県の教員採用試験の出題傾向

教育法規から一般時事まで幅広く出題

教職教養

香川県教育基本計画から2年連続出題

一般教養も含めて,香川県はローカル問題がよく出題される。教職教養では県の教育政策,一般教養では県の統計データなどを参照し,情報を得ておきたい。

学習指導要領は受験校種別

2012年度試験より,学習指導要領に関する問題は校種別で選択するようになった。

人権(同和)教育は必出問題

2011年度,2012年度は同和,2013年度は人権教育についての出題だった。

教育法規も必出

教育法規からは毎年,6問程度出題される。問題に使用される法規は,日本国憲法,教育基本法,学校教育法,地方公務員法など。

一般教養

主要5教科と芸術などまんべんなく出題

国語,数学,英語,理科,社会からまんべんなく出題され,音楽や美術などの芸術分野からの出題もある。さらに,保体分野からの出題もあるので注意しておきたい。

ローカル問題に注意

2013年度では産業や生活環境,教育などのデータから香川県を選択させる問題,2012年度では香川県の島とその島にある文化財の組み合わせを選ばせる問題が出た。

2012年度の出題傾向はこちら

一般教養の出題比率が高い

教職教養

教育法規,学習指導要領が出題の中心となっている。

教育法規は 「日本国憲法」「教育基本法」「学校教育法」「地方公務員法」などの空欄補充問題が出題されている。全国的にも頻出の条文であることに加え,選択式なので難易度はそれほど高くない。学習指導要領は校種別の選択問題となっており,総則,改善事項,道徳教育,指導計画の作成と内容の取扱い,学習指導要領の実施スケジュールについて問われた。

教育心理は性格検査と発達段階について,教育原理は特別支援教育の「高機能自閉症」と同和問題について,ローカル問題は平成23年に香川県教育委員会が策定した教育基本計画の内容についてであった。

全体的に基本的な問題が多いが,ローカル問題については県のホームページを見ておくこと,また教育法規の基本的な条文,学習指導要領の流れと改訂の趣旨,目標などはしっかりと学習しておきたい。試験時間60分に対して,問題数は多めであるので,時間配分にも気をつけたい。

一般教養

5教科+音楽+美術+保体+家庭+ローカル型。一般教養は,問題数も多い上に,各分野から幅広く出題されている。国語は6問出題され漢字,ことわざ・慣用句。和歌,敬語など,英語は対話文,ことわざ,語句の意味などの問題であった。社会は日本史・地理・公民・時事から,数学は関数と確率,理科は物理・ 化学・生物・地学からそれぞれ1問ずつ出題された。ローカル問題も例年頻出で,2011年 は香川県の島と島にある文化財の組み合わせ問題や香川県の県魚についてであった。

設問はすべて選択式であるので,仮に答えがわからないことがあっても,消去法を駆使するなどして高得点をねらいたい。

論作文

2010年は「たくましく生きる人」について,2011年は左ページのとおりだった。教師論や取組について問う定番の課題が続いている。

とっておき受験者情報

  • 個人面接では,主に履歴書に書いてあることの確認と詳細について聞かれた。
  • 集団討論では,面接官から司会は立てずに,全員が1 回は発言できるように配慮することを指示された。
  • 集団討論開始10 分前にテーマについてのペーパーが渡される。事前の書き込み,持ち込みは可能だが討論中の書き込みは不可。

「香川県」の教員採用試験に関連するページ

香川県:教員採用試験の倍率

香川県:教員採用試験の情報

PR:学生でもクレジットカードを作成できる?
学生カード

Copyright© 教員採用試験~教採~.info All Rights Reserved.