山口県の教員採用試験の出題傾向

一般教養が少なく教職教養が多い。出題傾向は例年どおり

教職教養

教育基本法はぜったい出る

毎年,1問目に教育法規に関する問題が設定されている。ここでは,教育基本法,学校教育法,地方公務員法,教育公務員特例法からの出題が頻出となっている。

必出の特別支援教育,人権教育

特別支援と人権は,毎年出題のある必出分野。2013年度は,特別支援教育全般について,人権に関する法律からの出題だった。

教育時事は近年の資料からの出題

2013年度は学習評価についての文科省通知,キャリア教育答申から。2012年度は教育の情報化に関する手引きからの出題だった。新しい資料が出題される傾向にある。

一般教養

一般常識が出題される

主に時事的な内容から出題される。2013年度は,国際原子力機関の略称,金環日食,BRICsと呼ばれる国の名称についての出題だった。

頻出のローカル問題

山口県の名所や山口県出身の著名人などについて問うローカル問題が,毎年出題されている。2013年度は周南市出身の詩人まど・みちお,2012年度は長門市出身の画家香月泰男,2011年度は秋吉台についての問題が1問ずつ出題された。

2012年度の出題傾向はこちら

一般教養は時事問題とローカル問題のみ

教職教養

教育法規は,「教育基本法」「学校教育法」「学校教育法施行規則」「教育公務員特例法」「地方教育行政法」「食育基本法」「障害者基本法」「人権教育及び人権啓発の推進に関する法律」から,それぞれの条文の空欄補充問題であった。教育時事は,「特別支援教育の推進について」「教育の情報化に関する手引き」からの出題と,PISA調査やエコスクールについて出題された。

生徒指導は,生徒指導の意義などについて,教育原理は,LD(学習障害)の特徴と特別支援教育コーディネーターの役割について出題された。教育心理では心理学の用語や人物について,教育史ではコメニウスやフレーベル等について問われた。

また[小・中・高・特]と[養]で校種別の学習指導要領に関する問題が出題された。前者は学習指導要領の総則から,後者は中学校学習指導要領の特別活動から「学級活動」の目標と「適応と成長及び健康安全」について,選択式の空欄補充形式で出題された。

全体的に選択式の問題が中心であるが,記述式問題も多く,条文・答申・学習指導要領などの重要な部分は正確な知識が必要である。

一般教養

例年,時事問題から出題される。主要教科からの出題はここ5年間見られない。九州新幹線,小惑星探査機2011年は,「きぼう」「消防法」「黄砂」などが出題された。ローカル問題も1問含まれており,昨年は長門市出身の画家香月泰男について問われた。

日頃から新聞に目を通し時事的知識を積むとともに,山口県の歴史や産業,文化等についてもおさえておくこと。

論作文

昨年はキャリア教育の推進について,今年はコミュニケーション能力についてであった。課題は指導に関することなどのオーソドックスな内容が続いている。今,教育界でどんなことが問題となっているのか,何が求められているのかをまとめておきたい。

とっておき受験者情報

  • 実技試験では,技能だけではなく態度にも注目されていた。
  • 模擬授業の順番はくじ引きで決める。受験者が生徒役を担当する。
  • 適性検査の直後に論作文試験が実施されるので,自分でペース配分を考えないと,スタミナ切れになるので注意。

「山口県」の教員採用試験に関連するページ

山口県:教員採用試験の倍率

山口県:教員採用試験の情報

PR:学生でもクレジットカードを作成できる?
学生カード

Copyright© 教員採用試験~教採~.info All Rights Reserved.