鳥取県の教員採用試験の出題傾向

全ての問題が選択式に

教職教養

教育法規から数多く出題

例年5?10問ほどが教育法規から出題されている。2013年度は教育基本法,教育公務員特例法,日本国憲法などから出題された。特に教育基本法はかなりの頻度で出題されている。

ローカル問題が3年ぶりに復活

2011,2012年に出題は見られなかったが,2013年度は鳥取県教育振興基本計画,鳥取県の子どもたちの未来のための教育に関する協約からの出題が見られた。県のホームページをチェックしておこう。

一般教養

出題分布は大きな変化無し

主要5教科からの出題がほとんどで,出題傾向も大きくは変わっていない。漢字の読み書きや英文の記述問題が無くなったので,若干難易度は下がっている。

幅広い対応力が必要

近年出題されていなかった美術から2013年度は1問だけ出題された。また英文読解のなかに理科や一般時事の知識を問う問題も出題されることが多い。

2012年度の出題傾向はこちら

教育法規からの出題が目立つ

教職教養

教育法規15問,教育時事4問,教育原理3問,教育史2問が出題された。教育法規は日本国憲法,教育基本法,学校教育法,学校教育法施行規則,地方公務員法,教育公務員特例法,地方教育行政の組織及び運営に関する法律,教育職員免許法,学校保健安全法など様々な条文から出題されており,空欄補充や法令の一部から条文名を解答するもの,免許状更新講習の内容についてなど様々な形式で出題されている。頻出の条文が多い上に,ほとんどが選択式問題であるため,確実に正答を導くようにしたい。ちなみに教育基本法や教員の服務に関する問題はここ数年連続で出題されている。

教育時事は,PISAの内容と2009年の調査結果について。教育原理は,世界各国の学校制度や西洋の人物の説明に関するものであった。教育史は東洋・西洋教育史からの出題だった。教育史上の人物を覚えるにあたっては,人物名と一緒に,キーワード,著書,名言,出身国などを一緒に学習すると効率的だ。

近年の出題傾向に大きな変化はないので,的を絞った効率よい学習をすれば十分対応できる。

一般教養

国語,数学,理科,社会,英語の5教科型である。国語は漢字の読み書きと熟語,ことわざ,文学史から,英語は英単語の意味や地上デジタル放送に関する社会の問題も含まれた英文解釈の問題が出題された。社会は日本史と世界史から。数学は小問3問で集合,確率,数に関する問題。理科は物理・化学・生物・地学の1科目。その他,家庭科でユニバーサルデザイン,COP10の日本の開催地を問う時事問題,鳥取県についてのローカル問題が出題された。ローカル問題は細かいところまで問われるので,県のホームページを常にチェックするなどして情報を集めておきたい。

選択式問題が中心であるが,一部記述式も含まれているので,正確な知識が必要となる。注意しておこう。

論作文

鳥取県では、論作文試験は実施されていない。

とっておき受験者情報

  • 集団討論前にいくつかの討論テーマが書かれた紙を見ることができるので,事前にしゃべる案を練ることができる。その中の1 つが討論テーマとなる。
  • 受験者は講師経験者が多い。
  • 1 次の集団面接では掘り下げて聞かれるので,その場しのぎの中途半端な発言をすると返答に窮してしまう。保護者対応や学級経営などについて質問があった。

「鳥取県」の教員採用試験に関連するページ

鳥取県:教員採用試験の倍率

鳥取県:教員採用試験の情報

PR:学生でもクレジットカードを作成できる?
学生カード

Copyright© 教員採用試験~教採~.info All Rights Reserved.