和歌山県の教員採用試験の出題傾向

教職教養・一般教養ともに出題範囲が広い

教職教養

出題は全国的に頻出の分野から

人権教育,特別支援教育,児童虐待,学校安全,キャリア教育,学習指導要領など,全国的に頻出の分野からの出題となっている。

教育時事は新しい資料に注意

「学校安全の推進に関する計画の策定について」「平成24年度全国学力・学習状況調査」など,比較的新しい資料が問題に使用される傾向にある。

絞り込みは可能

いわゆる頻出,重要とされている分野から
の出題なので,法規や心理,歴史などは,
出題頻度の低い分野にまで手を広げる必
要はなし。

一般教養

主要5教科からの出題

国語,数学,英語,理科,社会それぞれからまんべんなく出題される。一般教養も教職教養と同様,定番分野からの出題である。社会は日本史・世界史・地理・公民から,理科は物理・化学・生物・地学から出題される。

2012年度の出題傾向はこちら

例年通りの傾向。問題数は多い

教職教養

教育法規は「教育基本法」「学校教育法」「地方公務員法」「教育公務員特例法」など様々な法令から出題される。扱われる条文は頻出のものが多いので,対策は立てやすい。教育原理では人権教育や教育方法に関する問題が出題され,人権教育では「人権教育の指導方法等の在り方について〔第三次とりまとめ〕」「和歌山県人権教育基本方針」などの資料から,細部について問われている。

教育時事では文科省の「学校における携帯電話の取扱い等について(通知)」「いじめの問題への取組の徹底について(通知)」,中教審の「今後の学校におけるキャリア教育・職業教育の在り方について」「幼稚園,小学校,中学校,高等学校及び特別支援学校の学習指導要領等の改善について」など,ここ2~3年で公表された報告書や資料からの出題が中心である。

教育心理は発達やカウンセリング,心理療法から,教育史は西洋の教育史上の人物の業績について問われた。学習指導要領は総則の空欄補充問題や道徳教育の内容について問われた。

全体的に新しい資料からの出題が多く,かなり詳細な部分も問われており,正確な知識を必要とする。

一般教養

試験時間(60分)に対して問題数が多いので,かなりのスピードで解答していかなければならない。完全な5教科型である。

国語は長文読解・漢字・四字熟語・慣用句・古典文学作品などが出題された。社会は地理・世界史・日本史・公民の各分野から出題された。数学は逆数や図形,確率,文章等の問題,理科は全分野からの出題,英語は長文読解が2問出題された。正誤問題が中心であるが,英語,国語などは読解力も問われる内容となっている。

論作文

昨年は学習指導要領から,今年は学校教育法から,実践を問う課題が出題された。

とっておき受験者情報

  • 個人面接は事前に提出した書類をもとに3 人の面接官から順番に質問がなされた。
  • 面接での回答は落ち着くことが大事。
  • 答えたことに対して深く聞かれる。
  • 聞かれてわからない時は,ごまかそうとしないで正直に「わかりません」と言ったほうがよいと思う。

「和歌山県」の教員採用試験に関連するページ

和歌山県:教員採用試験の倍率

和歌山県:教員採用試験の情報

PR:学生でもクレジットカードを作成できる?
学生カード

Copyright© 教員採用試験~教採~.info All Rights Reserved.