神戸市の教員採用試験の出題傾向

出題数・傾向ともに例年通り

教職教養

教育法規が微増

教育基本法は連続5年間出題されている。本年度も3問が教育基本法からの出題だった。

教育史の出題はなし

神戸市ではここ数年教育史の出題はない。しかしやや難易度の高い教育心理の問題が,毎年3問ずつ出題されている。

一般教養

社会・時事の出題が目立つ

レアアース,スカイツリーなどの時事的問題も毎年出題されている。新聞購読などで日常的な対策を。

国語・英語の読解問題は必出

国語・英語に関しては,毎年必ず読解問題が出題されている。2013年度には,古文の長文読解問題も出題された。

2012年度の出題傾向はこちら

教育心理が比較的多く出題される

教職教養

出題分野に大きな変化はみられない。教育法規は「教育基本法」「日本国憲法」「地方公務員法」などの頻出条文からの出題の一方で,「ホームレスの自立の支援等に関する特別措置法」など教採ではほとんど出題のない条文からの問題もみられた。

学習指導要領は総則や解説書から「体育・健康に関する指導について」「言語環境の整備と言語活動の充実」の内容や空欄補充問題であった。教育原理では人権教育から「世界人権宣言」に関するもの,教育時事は全国的に頻出の「特別支援教育の推進について(通知)」から。この他に,特別支援教育では「通級による指導」「特別支援学校の進路指導や就労の状況」「交流及び共同学習」などについても出題がみられた。

教育心理は毎年,発達や学習などの分野から出題されており,難易度も比較的高めである。また,生徒指導の事例問題も毎年出題されている。一見難しそうに感じるが,消去法で解いていけば正答できるだろう。

一般教養

国語は,例年長文読解が必出である。英語も読解問題,社会は公民,時事,環境の分野から出題され,教科書的な内容が中心である。数学は基本的な問題が中心である。主要教科からの出題に加え,時事問題も比較的出題される傾向にあるので,日頃からニュースをチェックして,世の中の流れやトピックスをおさえておこう。

論作文

「~を3つ挙げ,具体的に論じなさい」という出題形式は昨年度と同じだった。「私ならこうする」という具体的な回答が求められている。テーマ自体はオーソドックスなものだと言えるので,ベテラン教員の実践事例や文科省の資料やガイドラインなどを参考にしながら,自分の考えをまとめておきたい。

とっておき受験者情報

  • 集団面接で自己紹介は1 分間と決まっている。1 分を過ぎると「そこでやめてください」と指示がある。
  • 集団討論のあとの集団面接で,自己PR を求められるが,最初の自己紹介で言いつくしてしまい,言葉につまる人が多かった。
  • 面接中は,発言していない時もよく見られているように感じました。特に反応が少ない人をチェックしていたように思います。

「神戸市」の教員採用試験に関連するページ

神戸市:教員採用試験の倍率

神戸市:教員採用試験の情報

PR:学生でもクレジットカードを作成できる?
学生カード

Copyright© 教員採用試験~教採~.info All Rights Reserved.