長野県の教員採用試験の出題傾向

[義務]教職教養は教育法規中心,一般教養は主要5教科 [県立]一般教養からの出題が多い

教職教養

[義務]教育法規は必出

教育法規中心の出題傾向は変わらず。一方で,教育心理,教育史からの出題はみられないので,的を絞った対策をしよう。

[県立]最新の教育時事から出題

最新の教育時事をテーマに,法規や原理の出題がなされる。2013年度は「安全教育」「キャリア教育」,2012年度は「生徒指導提要」,2011年度は「学習指導要領」からの出題だった。

一般教養

[義務]主要5教科+芸術からの出題形式

2013年度は保健体育分野からの出題があったが,基本的に主要5教科に芸術(音楽・美術)からの出題形式となっている。

[県立]主要5教科からの出題

主要5教科からそれぞれ10問ずつという出題形式は変わらない。過去問を中心に対策をしておこう。

2012年度の出題傾向はこちら

小中・高ともに一般教養からの出題比率が高い

教職教養

[小・中・特・養(小・中)]例年,教育法規からの出題が多い。今年もその傾向は変わらず,出題された法規は,「日本国憲法」「教育基本法」「教育職員免許法」「教育職員免許法」「教育公務員特例法」「刑法」「児童虐待の防止等に関する法律」「学校保健安全法」だった。その他では,特別活動,特別支援教育(3年連続)が出題されている。

[高・養(高)]教育法規・学習指導要領からの出題が例年見られる。今年は特に生徒指導関連の問題が多く出題された。昨年は教育心理や特別支援教育からの出題があったが,今年はなかった。法規・指導要領・生徒指導の3つを柱に対策を立てておこう。

一般教養

[小・中・特・養(小・中)]例年,国語は出題されない傾向だったが,今年から漢字の読み・四宇熟語の意味などの正誤問題,文学作品と内容の組み合わせ問題の2問が出題された。来年も注意が必要だ。その他は,社会・数学・理科を中心とした例年の傾向通りだった。

[高・養(高)]教職教養10問に対し,一般教養からは50問の出題がある。主要5教科がそれぞれ均等に10問ずつ出され,一問一答形式の問題となる。難易度は高いというわけではないが,問題数が多いので,テンポよく解いていきたい。配点は各1点なので,時間をとられそうな問題に遭遇したら固執しないで,確実に解ける問題から取りかかろう。

論作文

[小・中・特・養(小・中)]例年,オーソドックスな論文課題と言える。教職教養対策をしながら,時折,自分の考えをまとめてみるなどして,対策を図りたい。[高]例年通りの抽象課題が出題された。

とっておき受験者情報

  • 講師経験があったので,面接では,学校現場での具体的な成果を聞かれた。
  • 面接での回答は端的に答えた方がよい。
  • 試験会場にエアコンはなかったが,服装はクールビズでよかったので特に暑さ対策は必要ないと思った。
  • 集団面接は和やかな雰囲気だった。

「長野県」の教員採用試験に関連するページ

長野県:教員採用試験の倍率

長野県:教員採用試験の情報

PR:学生でもクレジットカードを作成できる?
学生カード

Copyright© 教員採用試験~教採~.info All Rights Reserved.