青森県の教員採用試験の出題傾向

過去3ヶ年の出題パターンは変わらず

教職教養

条文から法規名を問う問題

教育法規は毎年,条文の一部から法律名を問う問題が出題されている。いずれも重要な法規からの出題なので,取りこぼしのないように注意したい。

心理・教育史から例年出題

例年,心理もしくは教育史から一定数の出題がある。人名や検査法などの固有名詞をセットで覚えておけば,どちらが出題されても対応
できる。

一般教養

国語の問題数が多い

主要5教科からの出題だが,国語のみ出題数が多く,他は4問ずつ。内容は漢字の読み書き,書き順,言葉の意味,敬語で,ほぼ例年同一の内容となっている。

英語は会話文が頻出

国語以外の4教科もほぼ同一の出題内容となっている。特に英語に関しては,短い会話文の穴埋め問題が毎年出題されている。

2012年度の出題傾向はこちら

教育法規,教育時事からの出題が中心

教職教養

教育法規,教育時事,教育史から出題された。

教育法規は大問で2問出題され,そのうちの1問は「日本国憲法」「教育基本法」「学校教育法」「地方公務員法」「教育公務員特例法」「学校保健安全法」の各条文の一部を示した上で,該当する法規名を選択肢から選ぷ問題だった。全国的に頻出の条文からの出題が多かった。もう1問は「児童虐待の防止等に関する法律」第1条~3条までの空欄補充問題であった。

教育時事は2問出題され,そのうちの1問は文科省の「小学校,中学枕高等学校及び特別支援学校等における児童(通知)」から,もう1問は文科省が設置した「子どもを見守り育てるネットワーク推進会議」において採択された「子どもを見守り育てるネットワーク推進宣言」からの出題で,いずれも選択式の空欄補充問題であった。

教育史は単なる人物名を解答するものではなく,カリキュラムや教育方法,著書などを解答する問題で,教育原理や教育心理とも関連した複合問題であった。人物名だけではなく,出身国名・著書名・名言をあわせて覚えておきたい。

なお,過去には生徒指導や教育心理の問題も出題されている。

一般教養

国語,数学,理科,社会,英語の5教科である。

国語では,漢字の読み書きは頻出。他に筆順,四字熟語,敬語などの問題が出題された。数学は計算式,確率,図表等の問題。理科は物理・化学・生物・地学の複合問題であった。社会は地理・歴史・時事の複合問題である。その内のローカル問題は,青森県の県境に関する地理問題であった。英語は例年,会話文の空欄補充問題が出題されている。

論作文

一昨年は「国民読書年」に閧するテーマ,昨年は「東日本大震災」についてであった。時事的なテーマが続いている。日頃から新聞などでニュースをチェックし,自分の考えを整理しておこう。

とっておき受験者情報

  • 集団討論の最後に個人発表があるので,討論の中で自分の意見をしっかりまとめておくこと。司会もいないので,上手くまとめられれば逆にポイントに繋がるのかも。
  • 地震について聞かれることが多かったように思える。時事問題としてだけではなく,自分が被害にあったときにどう行動するかのシミュレートもしておいた方がよいかも。

「青森県」の教員採用試験に関連するページ

青森県:教員採用試験の倍率

青森県:教員採用試験の情報

PR:学生でもクレジットカードを作成できる?
学生カード

Copyright© 教員採用試験~教採~.info All Rights Reserved.