山梨県の教員採用試験の出題傾向

教職・一般教養ともに全分野から出題

教職教養

記述式問題に注意

一部記述式の問題があるので,正確な知識を要する。

問題数は減少したが…

過去2年と比べて,問題数は減ってはいるが,出題分野が減ったわけではない。

教育時事は近年の資料から

2013年度は,中央教育審議会の「キャリア教育」,「学習評価」といった全国的にも出題頻度の高い資料から出題された。近年の頻出資料は必ず確認しておくこと。

一般教養

主要5教科+一般時事の出題形式は変わらず

出題形式はここ数年固定されているので,過去問を中心に対策を練っていこう。時事問題はニュースをしっかりチェックしていれば解けるレベル。

一般教養も記述式に注意

教職教養同様,一般教養にも記述式問題が存在する。正確な知識が要求されるので,しっかりと対策をしておこう。

2012年度の出題傾向はこちら

記述式問題に注意したい

教職教養

教育法規・教育時事を中心に,教職教養の全領域から出題される傾向は昨年通り。法規・時事の問題では一部,記述式のものがあるので,注意しておきたい。

教育法規は「教育基本法」「学校教育法」「地方公務員法」「教育公務員特例法」などの全国的に頻出の法規からの出題だった。

教育時事は「小学校,~における児童生徒の学習評価及び指導要録の改善等について(通知)」(昨年は「報告」からの出題),「幼稚園,小学校,~の学習指導要領等の改善について(答申)」からの出題。

学習指導要領は,「解説総則編」からの出題。教育原理は学習方法と人物名,教育心理は人物名と理論を組み合わさせる問題だった。教育史は日本教育史の正誤問題。生徒指導は「生徒指導提要」の教育相談から。

問題全体を見てみると,教採で問われやすいところからの出題が多く対策はしやすい。しかし,重ねて言うが,山梨県は一部記述式問題があるため,正確にキーワードを覚えていないと解答は難しい。

一般教養

昨年は時事問題が出ていたが,今年は見られなかった。問題は主に主要5教科で構成され,例年,社会分野からの出題が多い。解答1つにつき配点はほとんどが1点だが,問題数の少ない数学の配点がlつ3~5点と高い。数学で確実に点を取るか,数学は多少落としてでもその他の教科で確実に点を取っていくか,自分に合った戦略で効率的な対策を進めよう。特に頻出だったところを挙げてみると,国語の漢字の読み書き,現代文読解は6年連続,英語の対話文,数学の式の計算は3年連続の出題だった。

なお,教職教養同様,一部の問題は記述式なので気をつけたい。

論作文

[小・中・高・特・養・栄]例年,抽象的な課題が出題される。いかにして課題を教育と結びつけるかがポイントとなる。

とっておき受験者情報

  • 教職・一般教養は時間配分に気をつけたい。
  • 1 次の実技はタイムに注意。
  • 面接はなごやかな雰囲気で,面接官は話をよく聞いてくれ話しやすかった。
  • 集団討論では同じ校種の受験者とは限らないので他校種への理解も必要。

「山梨県」の教員採用試験に関連するページ

山梨県:教員採用試験の倍率

山梨県:教員採用試験の情報

PR:学生でもクレジットカードを作成できる?
学生カード

Copyright© 教員採用試験~教採~.info All Rights Reserved.