福井県の教員採用試験の出題傾向

教職・一般教養ともにまんべんなく出題される

教職教養

出題数の多い教育心理

福井県の教職教養は「教職専門Ⅰ」と「Ⅱ」に分かれており,「Ⅱ」はすべて教育心理の問題となっている。

教育法規の出題形式は変わらず

教育法規は,空欄補充問題が記述式で出題され,さらに法律名を選択させる問題形式が続いている。

ローカル問題に注意

ここ5年間,ローカル問題の出題はみられなかったが,2013年度試験において,「福井県教育振興基本計画」からの出題があった。

一般教養

主要5教科からの出題

教職教養も含めて問題数が多く,記述式問題もあるため,全体的に難易度は高い。とくに国語,英語は長文読解があるため,時間配分に気をつけたい。

理科,社会からの出題が目立つ

理科,社会からの出題が多いので苦手意識のある人は早めに克服しておこう。

2012年度の出題傾向はこちら

教育心理からの出題が圧倒的に多い

教職教養

全領域から幅広く出題されている。中でも教育心理は全問中の半分を占めており,特に力を入れて学習したい。人名・学習・人格・防衛機制・カウンセリング・教育評価・学習障害など,幅広く出題されている。選択式問題が中心であるが,一部記述式の問題もあり,全体的に難易度は高い。

教育法規は,例年通り条文の空欄補充とその法規名を選択させる問題が出題された。頻出の条文が多く,基本的な条文をおさえておけば十分に対応できるだろう。

教育時事では中教審の「児童生徒の学習評価の在り方について(報告)」が出題された。最新の答申・資料を中心にしっかりと読み込んでおく必要がある。

学習指導要領は教育課程の編制や内容,教育内容の改善について,また「生きる力」の3つの構成要素について問われた。教育原理は生涯教育について,生徒指導は不登校に関する問題であった。

全体的に見て問題数が多い上に記述式問題も多く,難易度は高めと言えるだろう。教育心理,教育時事,学習指導要領,教育原理を中心にした学習を心がけたい。

一般教養

5教科型。国語は例年通り,長文読解が大問で1問,英語も長文読解・会話文の空欄補充問題・対話文の英作文が大問で3問出題されている。社会は公民・政治経済・日本史・日本と世界の地理など,ほぼ全分野から出題されている。数学は方程式や図形,関数など5問,理科は物理・化学・生物・地学の全領域からの出題である。

毎年出題傾向はそれほど変わらないが,記述式問題も多く,かつ全分野からまんべんなく出題されており,時間的なことを考えると難易度は高いと言えるだろう。

論作文

一昨年は「子どもとの教育における学校の役割」,昨年は「優れた教師の条件」だった。今年のテーマを見てもわかるように,より実践的な内容を問う傾向へと変化してきている。

とっておき受験者情報

  • 福井の教育に関することは知っておいたほうがよい。
  • 受験者は講師経験者が多かった。
  • 専門教養でいかに点をとるかがポイントだと思う。
  • 面接対策として教育時事などの情報を知ることが大事。

「福井県」の教員採用試験に関連するページ

福井県:教員採用試験の倍率

福井県:教員採用試験の情報

PR:学生でもクレジットカードを作成できる?
学生カード

Copyright© 教員採用試験~教採~.info All Rights Reserved.