富山県の教員採用試験の出題傾向

教職教養,一般教養ともに出題形式は例年どおり

教職教養

教育基本法からは5年連続出題

問題数は5問。条文の空欄補充とその法律名を答えさせる問題で,法律は「教育基本法」「学校教育法」「教育公務員特例法」「地方公務員法」
など全国的に頻出のものから出題される。

教育心理は広い範囲から出題

教育心理からは毎年一定数の出題がある。出題範囲は年によってさまざまだが,難易度は高くはないので,重要事項を広く学習しておこう。

教育史は西洋・日本教育史から

教育心理と同様,出題範囲は絞り込めないが,重要事項をおさえておけば対応できるレベルだ。

一般教養

主要5教科からの出題

国語・数学・英語・理科・社会の主要5教科からの出題形式は例年どおり。

国語の読解と数学(記述式)に注意

問題数が多いので,国語の読解や数学(記述式)にあまり時間をとられないよう,時間配分に気をつけたい。

2012年度の出題傾向はこちら

出題範囲は例年通り

教職教養

昨年度と同様,大問で3問出題された。出題分野は,教育法規,教育心理,教育史で,これも昨年度と同様である。教育法規は条文の空欄補充問題とその条文名を解答するもので「日本国憲法」「教育基本法」「学校教育法」「学校教育法施行令」「教育公務員特例法」の各条文が出題されており,すべて頻出の条文である。昨年までは空欄箇所については記述式であったが,今年度からすべて選択式の解答方式へと変更された。

教育心理は発達,防衛機制,学習の分野から小問で3問,教育史は小問で5問出題され,西洋教育史関連の著者や著作に関するものが小問で3問,残り2問は近代と戦後の日本教育史に関するものであった。

教職教養はすべて選択式問題で,基本的な事項を中心に問われている。過去問をしっかりと分析して傾向をつかんでおこう。

一般教養

国・社・数・理・英の完全な5教科型で,大問で1問ずつ問われている。

国語は長文読解形式になっており,その中で漢字の読み書き・四字熟語・文章解釈などの問題が出題されている。英語は対話文・空欄補充・文の並び換え問題で,昨年まで行われていた長文読解の問題は出題されなかった。

社会は日本史・世界史・地理・公民の各分野の5択問題,理科は物理・化学・生物・地学の各分野の・1択問題で,それぞれ小問で9問ずつ出題された。数学のみ記述式問題で,図形・数式・確率など,ほぼすべての分野から小問で9問出題された。一般教養としては全体的に基本的な問題が多いが,問題数が多いので,国語の長文読解等で時間をとられすぎないように注意する必要がある。

また数学は記述式で他の教科よりも難易度が少し高めになっている。苦手な人は早めに対策を立てておこう。

論作文

例年,事例をもとに生徒指導の取組を述べさせる課題が続いている。指導法を学んでおこう。

とっておき受験者情報

  • 集団討論は人数が多く時間も短いため,発言機会を逸しないように積極的に発言すべき。
  • 個人面接は和やかな雰囲気だった。
  • 模擬授業の対策はボランティア先などでいろんな授業を見るなどして見識を高めておきたい。

「富山県」の教員採用試験に関連するページ

富山県:教員採用試験の倍率

富山県:教員採用試験の情報

PR:学生でもクレジットカードを作成できる?
学生カード

Copyright© 教員採用試験~教採~.info All Rights Reserved.