新潟県・新潟市の教員採用試験の出題傾向

教職・一般教養ともにまんべんなく出題される

教職教養

教育法規からの出題が多い

例年,教育法規からの出題が目立つ。重点的に対策をしておこう。

学習指導要領からの出題はない

教職教養においては学習指導要領からの出題は見られないが,面接などで聞かれる可能性はある。学習指導要領総則は必ず目を通しておこう。

拉致問題についての出題も

2013年度は,北朝鮮による拉致問題についての出題があった(ローカル問題としてカウント)。一般教養も含めて,新潟県の教育に関連することは必ずおさえておこう。

一般教養

主要5教科からの出題

まんべんなく主要5教科と音楽・時事・ローカルの領域から出題される。出題領域はほぼ固定されているといえよう。

ローカル問題は必出

2年連続でローカル問題が出題された。2013年度は,新潟県の県鳥・県花・県木の組み合わせ,2012年度は,新潟県出身の文化人と著作の組み合わせ問題だった。

2012年度の出題傾向はこちら

教育法規・教育時事からの出題が目立つ

教職教養

問題数と問題構成は昨年度から変わらない。特徴としては,教育法規・教育時事からの出題が多いことが言える。教育法規は,「学校図書館法」「学校保健安全法」「日本国憲法・前文」「社会教育法」からの出題。ちなみに「学校図書館法」に関しては,昨年の問題と同一箇所が空欄にされて出題されていた。このことからも,過去問演習が何よりの対策となるだろう。

教育時事は「児童虐待に向けた学校等における適切な対応の徹底について(通知)」「今後の学校におけるキャリア教育・職業教育の在り方について」「小・中学校におけるLD,ADHD,高機能自閉症の児童生徒への教育支援体制の整備のためのガイドライン(試案)」からの出題。なお,今年は通知等の資料に関連しての児童虐待・発達障害の出題だったが,昨年は法規に関連させて出題されていた。来年もこの2つに関しては注意しておこう。

教育心理はソーンダイクとコールバーグについての出題。人物名・理論の特徴・著書名をセットにしておぼえておけば問題ない範囲。教育史は,日本教育史からの出題。3,4年前の試験では西洋教育史からの出題が見られたが,ここ最近は出題がなかった。全国的に教育史からの出題は多くないが,出ないというわけでないので気をつけよう。

一般教養

主要5教科に音楽・時事・ローカル問題が出題された。昨年は美術分野からの出題が1問あったが,今年はなかった。主要5教科の内,昨年同様,社会(日本史・世界史・地理・公民)からの出題が多く,その他は2問ずつという問題構成で,間題も難問というわけではない。

今年、刮目すべきは新潟県出身の人物と著作を答えさせる口ーカル問題だ。全国的に地域を題材にしか出題率が高まっている傾向なので,注意しておこう。

論作文

[小][中][高][養][栄]校種で課題が異なる。ある場面設定をもとにどんな実践を行っていくかが問われる。考えをまとめて臨みたい。

とっておき受験者情報

  • 教職教養・一般教養,専門教養,論作文,傾向通りの出題だった。
  • 実技(小学校)のピアノ演奏では,あまり鍵盤を見ないで顔を上げておいた方がいい。
  • 模擬授業は当日課題が出されるので,対策として,学習指導要領と教科書を読んでおきたい。

「新潟県」の教員採用試験に関連するページ

新潟市:教員採用試験の倍率

新潟県:教員採用試験の倍率

新潟市:教員採用試験の情報

新潟県:教員採用試験の情報

PR:学生でもクレジットカードを作成できる?
学生カード

Copyright© 教員採用試験~教採~.info All Rights Reserved.