神奈川県・相模原市・横浜市・川崎市の教員採用試験の出題傾向

問題数が多く,広い範囲から出題される

教職教養

出題が目立つのは法規と心理

神奈川県(横浜市・川崎市・相模原市)の特徴は,問題数が多いことと,出題範囲が広いことである。教職教養では法規と心理の出題が多い。

ローカル問題は出題されない

教職教養のほぼ全領域から出題されるが,県の施策などのローカル問題は出題は見られない。

時間配分にも注意

問題数が多いため,解答時間にも注意したい。わからなかったら飛ばすのも策。

一般教養

社会からの出題が目立つ

例年,社会からの出題が多い。内容は,日本史・世界史・地理・政経・倫理と全分野から。

環境から出題

今年の特徴としては,環境分野からの出題が見られた。

理科は全分野から

物理・化学・生物・地学から出題されている。これも例年通りの出題傾向となっている。

出題分野は例年どおり

英語は「会話文」,数学は「数列」など,出題分野は例年どおりのものが多い。

2012年度の出題傾向はこちら

教育法規・教育心理が出題の中心

教職教養

教育法規・教育心理からの出題が中心となる。今年から教育時事の問題が増えた。「小学校,中学校,高等学校及び特別支援学校等における児童生徒の学習評価及び指導要録の改善等について(通知)」「幼稚園,小学校,中学校,高等学校及び特別支援学校の学習指導要領等の改善について(答申)」「児童虐待防止に向けた学校における適切な対応の徹底について(通知)」からの出題がみられた。

教育法規は「日本国憲法」「教育基本法」「学校教育法」「学校保健安全法」「地方公務員法」「教育公務員特例法」から。教育心理は「ブルームの分類」「スキナーのプログラム学習」「心理療法」などについて出題された。

その他,教育原理の「カリキュラム」については5年連続,「学習指導要領総則」からは4年連続の出題となっている。教育史は「日本教育史」西洋教育史」から。昨年は「特別支援教育」「人権教育」についての出題があったが,今年はみられなかった。

なお,神奈川県ではこれまで県の教育施策などのローカル問題の出題はない。出題傾向は例年とほぼ変わらないので,過去問での学習が何よりの対策となるだろう。

一般教養

社会からの出題が多く,その内訳は日本史・地理・公民となっている。国語は漢字・現代文・古文,英語は空欄補充・対話文・読解,数学は図形・数式,理科は物理・化学・生物から出題されている。音楽・美術からは1問ずつ出題があった。保体・家庭・情報からの出題はここ5年間ない。出題範囲は広いが,いずれも例年通りの傾向で,過去問を中心に対策を進めていきたい。

論作文

[小][中][高][特][養]昨年から課題に対しての実践を述べさせるオーソドックスな形式となり,今年もその傾向が踏襲された。

とっておき受験者情報

  • 教職教養は,過去問を解いていれば,充分対策はできる。
  • 空調などが効いていないか心配だったが,快適な空間で受験することができた。
  • 面接官は3 人いて,面接シートに沿った志望動機などの基本的な質問が多かった。
  • 家庭訪問をして,母親役の面接官から子どもの悩みを相談されるというロールプレイング方式の面接があった。

「神奈川県」の教員採用試験に関連するページ

神奈川県:教員採用試験の倍率

横浜市:教員採用試験の倍率

川崎市:教員採用試験の倍率

神奈川県・相模原市:教員採用試験の情報

横浜市:教員採用試験の情報

川崎市:教員採用試験の情報

PR:学生でもクレジットカードを作成できる?
学生カード

Copyright© 教員採用試験~教採~.info All Rights Reserved.