群馬県の教員採用試験の出題傾向

ほとんどが一般教養からの出題

教職教養

教育法規は必出

3年間の傾向を見てわかるとおり,教育法規は必ず出る。

難易度が上がった教育法規

2012年度,2011年度に比べ,2013年度は教育法規の難易度が上がった。正しい問題文の組み合わせを選ばせる問題で,広く法規を理解しておく必要がある。

教育法規以外はランダムな出題

2013年度は教育原理から2問だったが,教育史,教育心理などランダムに出題される。それぞれ主要な項目はおさえておこう。

一般教養

出題分野は例年同じ

主要5教科に加えて,音楽・美術・保体・家庭・情報が出題される。問題数も変わらない。

対策は過去問を中心に

過去問を中心に対策を進めよう。

2012年度の出題傾向はこちら

一般教養からの出題が圧倒的

教職教養

例年,4問程度の出題で,今年もその問題数は変わらなかった。昨年は教育心理の間題が見られたが,今年はなく,これまで出題の見られなかった教育史から出題があった。

それぞれ見ていくと,教育法規が2問で,1問は日本国憲法・教育基本法・教育公務員特例法・地方公務員法・学校教育法の5択正誤問題,もう1問は地方公務員法の空欄補充問題だった。

地方公務員法・教育公務員特例法は4年連続,教育基本法は3年連続で,その他の日本国憲法・学校教育法にしても,近年出題が見られた。上記の5つの法規は確実におさえておきたい。

教育原理は,説明文と診断的評価・形成的評価・総括的評価の組み合わせを選ばせる問題,教育史は,日本教育史の流れを年代の古い順に選択する問題だった。いずれも基本的な問題なので,確実に解けるようにしておきたい。

一般教養

群馬県では,教職教養よりも一般教養からの出題が圧倒的に多い。主要5教科が4問ずつ,その他に音楽・美術・保体・家庭・情報・家庭が2問ずつ出題された。問題構成・問題数ともに昨年とまったく同じ構成。

順に見ていくと,国語は漢字の読み(5年連続)・空欄補充・四字熟語の意味・現代文読解(6年連続)。社会は地理・世界史・日本史・公民からで,例年この4分野から出題されている。数学は図形の面積(4年連続)・場合の数・組合せ(6年連続)から。理科は物理・化学・生物・地学からそれぞれ1問ずつで,この出題傾向も昨年通り。音楽・美術・保体・情報についても,出題傾向は昨年とほとんど変わらない。

全体的に問題の難易度については決して難しい内容ではない。過去問を中心に対策を進めていけば,十分対応可能だ。

論作文

[小・中・高・特・養]出題形式は昨年と変わらないが,「批評しなさい」という文末には注意。批評だけに終わらず,論点を定め教員としての立場から改善策を述べたい。

とっておき受験者情報

  • 専門教養(小学校全科)は記述式だったので,しっかりとした準備が必要だと痛感した。
  • 集団面接では,返事をはっきりと。話している人の話をちゃんと聞くのは基本だと思う。
  • 面接は試験官との相性もあるかも。
  • 面接では「自分が自分が」というよりも,試験官に合わせていくことが大事だと思う。

「群馬県」の教員採用試験に関連するページ

群馬県:教員採用試験の倍率

群馬県:教員採用試験の情報

PR:学生でもクレジットカードを作成できる?
学生カード

Copyright© 教員採用試験~教採~.info All Rights Reserved.