教員採用試験について

教員採用試験とは?

教員採用試験とは、簡潔にいうと、都道府県や政令指定都市が設置・運営する学校で教員を採用するための試験です。この試験に合格しないと、教諭(正式採用の教員)にはなれません。
なお、教員採用試験は一般的に『教採(きょうさい)』と略して言われます。

受験資格は?

教員採用試験は誰でも受験できるわけではありません。教員免許が必要となります。そのため教員免許を取得できる大学(一般的には教育学部)を卒業する必要があります
なお、教育学部でなくても教員免許は取得できます(できる場合が多いです)。例えば、文系の学部(文学部や法学部)では中学・高校の国語科や社会科の教員免許を、理系の学部(理学部や工学部)では中学・高校の理科の免許を取得可能です。
ちなみに小学校の先生になりたい場合は、教育学部に進学するのが一般的です。

教員免許と教員採用試験の関係

教員採用試験に合格しなくても(『教諭』でなくても)、教員免許があれば臨時(一年契約)で『講師』という職名で学校の先生になることができます
あくまでも教員になるために必要なものは教員免許であり、教員採用試験は正採(正式採用)の教員になるための試験(選考試験)です(意外に知られていませんが、教員採用試験に合格しなくても講師として学校の先生になれます)。
なので「先生として働けるのであれば『講師』でもいいじゃん!」と考える方もいるかもしれませんが、あくまでも講師は臨時的採用(臨採)ですので、給与面・雇用条件・立場的に教諭と比べて不利な立場にあります
ですので、一生、学校の先生としてはたらくのであれば、必ず教員採用試験には合格したいところです。

教諭と講師の違いは?

学校現場ではたらいている教員の職名にはこれまで説明しましたように、大きく分けて『教諭』と『講師』があります。この2つの違いをここで説明したいと思います。

『教諭』は教員採用試験に合格した先生で、『講師』は教員採用試験に合格していない先生(または受験していない先生)です。そのため、『教諭』『講師』と職名が分かれています。
ですが、教諭であろうが講師であろうが、児童・生徒の教育を行う先生には変わりはありませんので、仕事内容(担任を持ったり、授業をしたり、・生徒・生活指導をしたり、部活動の顧問を持ったり・・・)は同じです。違うところを簡単に記述すると、概ねこんな感じです。

教諭:終身雇用、給与面・雇用条件等で講師より優遇
講師:一年契約(一年ごとに労働契約を結ぶ)、給与面・雇用条件等で教諭より不遇

教員採用試験の合格は難関!!

昨今、企業等が人件費削減のために正社員を雇わず『派遣』で労働力をまかなっていることが社会問題化しています。これは、不況のあおりを受け、できるだけ安く労働力を確保したい企業側の戦略です(正社員よりも派遣の方がコストがかからない)。
実はこれと同じことが教育の現場でも起きています。企業のみならず、都道府県の財政事情も非常に厳しいです。そのため同じ仕事をさせるのであれば、コストがかかる教諭よりも、コストの安い講師としてはたらいてもらう方が財政的に利にかなっているので、教員採用試験の合格者数を制限しています(全国的に学校の先生が足りないにもかかわらず・・・)
そのため、教員採用試験の合格者数よりも、受験者数の方がはるかに多くなっている現在、教員採用試験の合格はかなりの難関となっています。

難関だからこそ早めの準備を

教員採用試験に合格することはとても難しいことです。しかし難しいといえども、必ず誰かは合格しますので、その誰かが自分になるように努力すればよいのです。
基本的に教員を目指す人はだいたい学力が同程度ですので、あとは「絶対に学校の先生になりたい!!」という情熱と早めの準備が明暗を分けます
当サイトでは、教員採用試験に関する情報をまとめていますので、教員を目指している方は参考にしてください。

PR:学生でもクレジットカードを作成できる?
学生カード

Copyright© 教員採用試験~教採~.info All Rights Reserved.